頭で理解し,身体で覚える!| 個人レッスン | since 2012

学び方

まとまりのある英文の中で,文法,語彙・語法,読解法を学び(インプット),音読練習(復習)を繰り返し,シャドウイング(アウトプット)できるようにする。英文の質と量と難易度を上げながら,インプットとアウトプットを交互に繰り返し,総合的な英語力と論理的思考力を身につけていく。


スポーツや楽器のように学ぶ。

予習[自宅学習]

レッスンで使用する教科書本文は,文法事項と語彙を制限し,段階的に学べるように構成されていますので,新出の文法事項と語彙を除けば,予習はそのまま復習になっています。

レッスンを効果的に行うためには,「わかること」と「わからないこと」を「わかった」上でレッスンに臨むことが大切です。自ら考える質と量の差が,そのまま伸びる人と伸びない人を大きく分けてしまいます。

英文理解[レッスン]

7回読めばピタッとわかる!虹は夢の懸け橋 RAINBOW」という浦和英語塾独自の学習法は,塾生が主体的にアクティブに参加できる「対話形式」によって進行します。

5文型を基礎に,主述関係,修飾関係,共通関係等などを確認しながら一語一句ていねいに読み解き,正しい英文である限り「これ以外の解釈はあり得ない」とする自信をもった 読解力 を身につけます。一語一句ピタッとわかったときの英文の美しさに,きっと魅せられるはずです。

練習(復習)[自宅学習]

英語力を総合的に伸ばすためには,意味内容を理解した英文を,スポーツや楽器と同様に,練習(復習)する必要があります。「知識」を「練習(復習)」のための準備と考え,練習そのものを学習の中心とする発想の転換が必要です。

練習(復習)は,音読 を通して行います。文法事項や語彙などを再確認し,英語の語順に沿って左から右へ,頭の中で【文字⇄音声⇄意味内容】を一致させながら音読するようにします。スラスラ感を自分で感じるまで音読することがポイントです。

課題発表[レッスン]

練習の成果として課題を発表することで学習のペースとします。課題のシャドウイングの前に,準備段階として,重ね読み速(はや)読み反訳読み の確認チェックを行います。

課題発表に成功したら次の課へと進みます。自宅学習で "できるまで"粘り強く取り組むことが上達の秘訣です。


重ね読み (overlapping):テキストを見ながら英文の音声に重ねて読む練習です。英語特有のリズムやイントネーション,音と音のつながりが身につき,特にリスニング力の向上につながります。

速(はや)読み (speed reading):1分当たり180語以内の速さで読む練習です。センター試験や英検,TOEICなどのリスニングテストで話されるスピード以上の速さで日頃から読む練習を繰り返すことで,特にリスニング力の向上につながります。

反訳読み (reverse reading):英文の日本語訳を 反対に英訳しながら読む練習です。日本語と英語の言語構造の違いを認識できるようになり,特にスピーキング力やライティング力の向上につながります。

シャドウイング (shadowing):テキストを見ないで英文の音声を正確に聞き取り,即座にシャドウ(影)のように少し遅れて口頭で英文を再生する練習です。その効果をまずは日本語で実感してみてください。オーディオブックやNHKニュースなどを利用するとよいでしょう。いかに5感をフルに活用しなければならないか分かると思います。


IMG_1258(2).jpg


教科書 本位で学ぶ。

教科書は,英文の信頼性が高く,時代を映し出すテーマ性に優れ,文法事項を段階的・体系的に学習でき,CD音源が付属し,さらに大学入試・英検・TOEIC等の受験に必要な知識が網羅されている優れた基本書です。

英語は,いつかわかる,いつかできるようになる,というものではなく,段階的にインプットとアウトプットを交互に繰り返し,具体的な「小さなできる」を重ねて身につけていくものです。

1セクション,1レッスンが,やがて1冊になり,そしてもう1冊と増やしていく。自分の実力は自分で評価できる ように学びます。

こうした教科書は必ず自分の英語力を支え続ける「一生ものの宝物」になります。

こうした教科書をお持ちですか?


前向きな自分のペースで,自ら学ぶ。

一人ひとりの能力に応じてレッスンを進められることが個人レッスンの良いところです。逆に,ごまかしがきかないという点で厳しいと感じている塾生もいるかもしれません。

何ごとも最初はきついものです。登山では,初めのうちはたいてい急登を強いられ,自分がどのくらい登って来たかわからないまま,ただただ歩みを進めなければなりません。しかし,やがて森林帯を抜けると突然景色が開けて,自分が目指す頂が視界に入るときが必ず訪れます。

山岳ビデオ見て登った気になっていてはいけません。自分の力でその頂に立ってみることです。そこからさらなる次の頂までの道のりが尾根伝いに見通せますから。英語が今とはまったく違って見えるその日まで,登り続けることです。


※自分が設定した目標から逆算し,必要なペースが得られるように,追加レッスン も随時利用できます。


RIMG0543(1).jpg


自習室(予約制)

【利用時間】
休塾日を除く
18:30-21:30

塾長ブログ発信中!
DOVECOT Blog
塾長の備忘録や写真日記も兼ねた 塾生応援ブログです。